【Raspberry Pi】Fedora27をインストールする – Raspiのダッシュボード計画(1)

スポンサードリンク

こんにちは、しきゆらです。

Raspberry Piネタは、これまでずっとインストールする系のものばかりですが、今回もそれです。

 

これまで、Raspbian => CentOS7 とインストールしてきました。

前回のCentOSでは、GUIは不要ということでEmacsをコンパイルしたりしましたが

やはりGUIが欲しい。

というか、自分用のサイネージとして利用しようと思った次第です。

 

ということでGUI付きでインストールしてみます。

これまでと同じものをインストールしても面白くないということで

Raspberry Piでも動くというFedoraを入れてみました。

 

詳しくは、続きからどうぞ。

 

スポンサードリンク


 

準備

今回使うものは以下のもの。

  • Fedoraが動く環境
    • 今回はWindows上に仮想環境を作りました

SDカードは以前と同じ16GBのものを利用しました。

 

インストール手順

まずは、仮想環境のFedoraでARM版のXfceデスクトップイメージをDLします。

その間に、VirtualBoxでSDカードを利用できる用準備しましょう。

 

VirtualBoxからSDカードを読み込めるようにする

まずは、VirtualBoxをインストールしているOS(ホスト)側にVirtualBox Extension PackをDLします。

DLの後、VirtualBoxの環境設定の「拡張機能」からインストールします。

右側にある+ボタンから、先程DLしたVirtualBox Extension Packを選択するとインストールできます。

画像は、インストール後の様子。

スポンサードリンク

 

SDカードにイメージを書き込む

VirtualBoxのFedoraで、fedora-arm-installerをインストールします。

これは、SDカードにイメージを書き込むためのパッケージです。

必要ならば、sudoをつけて実行してください。

 

インストール後、Fedora上でSDカードがどのパスにマウントされているかを確認します。

私の場合は、「/dev/mmcblk0」でした。

 

では、書き込んでいきます。

それぞれのオプションの意味は以下の通り。

  • –image=/path/to/image : ダウンロードしたARM版のパス
  • –target=rpi3 : インストールするRaspberry Piのバージョン(?)を指定。Raspberry Pi 2の場合は「rpi2」とする
  • –media=/path/to/SD_card : 書き込むSDカードのパス
  • –norootpath : デフォルトのRootパスワードを削除する
  • –resizefs :  インストールしたFedoraの「/」に当たる容量をSDカードのサイズいっぱいになるように広げる
    • これをしないと、全体として2GB程度しか利用できないので必須

これでブートのための準備は完了。

後は、実際にRaspberry Piに挿して起動しましょう。

 

最初の設定等

GUIなので、画面に従って行っていけばOK。

といっても、タイムゾーンやRootのパスワード、ユーザの作成程度ですね。

 

 

まとめ

基本的には、これで終わり。

あとは煮るなり焼くなり好きにしていきます。

 

今後は、ここにSinatraなどを使って自分用のサイネージというかダッシュボードを作っていこうと思っています。

Raspberry Pi用のモニタも購入し、後は作るだけです。

早めに作っていこうと思います。

 

 

今回はここまで。

おわり

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。