月別: 2016年10月

【JavaScript】JS高速化計画 イベント編

こんにちは、しきゆらです

大層なタイトルをつけましたが、続くかどうかはわかりませんね

あと、内容がお行儀がいいかどうかも保証できませんよっと

 

さて、本題

JSに速度を求めている今日この頃

最近は、少しでも速くなる方法があるのならば、それを使おうと思っています

 

ということで、今回はJSでよく使うであろう

DOMにイベントリスナーを追加する部分を見てみます

 

調べてみると、イベントリスナーを追加するときには

  • addEventListener
  • onXXX

がよく使われていて

両者には違いがあるということはよく書かれています

 

でも、速度の違いは・・・?

ということで簡単なコードを使って検証して見ました

詳しくは、続きから
Continue reading “【JavaScript】JS高速化計画 イベント編”

【JavaScript】JSを高速化するいくつかの方法

こんにちは、しきゆらです
最近はRubyよりもJSを書いている時間の方が長いです
JSであれこれやっていると、どうしても表示に時間がかかったり
途中でフリーズした?と思うくらい固まってしまうことが増えてきます
(書き方が悪いだけ・・・?)
その問題を解決する際の手がかりとして、いくつか実践してみたことがあるので
それをメモしておきます

Continue reading “【JavaScript】JSを高速化するいくつかの方法”

【日記】iPod ClassicをBluetoothで無線化する

こんにちは、しきゆらです

今回は、タイトル通りiPod Classicを無線で音楽を垂れ流す機械と化すことができたので

おすすめがてら紹介します

 

購入したのは以下の2つ

dsc_0616

詳しくは、続きからどうぞ

Continue reading “【日記】iPod ClassicをBluetoothで無線化する”

【HTML・JavaScript】入力をリアルタイムに取得する

こんにちは、しきゆらです

今回は、inputやtextarea等でユーザの入力をリアルタイムに取得する方法をメモ

 

入力されたことを取得するイベントトリガー(?)としてchangeは知ってましたが

これは入力されたあと、フォーカスが外れた時に発火するため

入力された時点で何かしたい時には使えませんでした

 

その中で、リアルタイムに入力を取得するためのトリガーとしてinputというものがあることを知りました

参考:JavaScript:テキスト入力関連のイベント、onChange,onInput,onKeyUp – hacknote

これを利用すれば、例えば入力がある時だけボタンをクリックできるようにするときなど二利用できると思います

 

これを利用せず、頑張ってJSで自分で作るときはきっとこんな感じになるのでは・・・?

今回はこれだけ
おわり

【JavaScript】配列の中に要素を含んでいるかを調べる

こんにちは、しきゆらです

今回は、JSの配列の中に指定した要素があるかどうかを調べる方法をメモしておきます

 

RubyではArrayの中に指定した要素が含まれているかを調べるinclude?というメソッドがありますが

JavaScriptではこのようなメソッドはないようです

 

調べてみると、指定した要素が配列内にあるとき、その要素の添え字を返すindexOfというメソッドが代わりとして利用できそうです

Array.prototype.indexOf() – MDN

配列内に指定した要素があれば、その添え字を

ない場合は-1を返すメソッドです

 

これを利用すれば、indexOf(“hoge”) >= 0の時とすることで

配列の中に要素がある時にtrueを返すようにできます

 

今回はこれだけ

おわり